門戸厄神の歯医者から

口の中が痛いなあ、と思ったら、どうもそれは口の中というより虫歯であるらしいと言うことに気づいた。
洗面所の鏡の前で、口をあんぐりと開けてのぞいてみたら、どれだけつまようじで小突いてもへばりついて取れない黒い汚れがあるからだ。
そして、どうも痛みはそこが発信源であるようで、なおさらその疑念は強くなる。
もとい、それが原因だったようであるので、私はとっとと門戸厄神の歯医者の門を叩くことにしたのである。
叩いたはいいけれど、やっぱり歯医者に行くというのは緊張する。
何をされるかはだいたい想像がついていたけれど、やっぱりそれでもあのキュイーンという音が聞こえてくる、やめてくれ、誰か私をここから連れ出して…と思ってしまうわけで、それは仕方のないことなのだとあきらめるしかないのだろうか。
私はあまり頭がよくないので、その音を聞いても、その日の晩ごはんとかくらいしか想像することくらいしかできないのだけれど。
歯医者って普段から通うような場所じゃないから、なおのこと辛いなあ。
あ、呼ばれそうだ。
私の健闘をどうかお祈りください。

「DVDのプレス」を活用しよう!

音楽や映像を楽しむ方法は、時代とともに変化しているため、最先端の技術についていくのはほんとうに大変です。
これは、音楽や映像だけでなく、パソコンのデータ保存方法にも変化があり、FDを知らない人も少なくありませんね。
その一方で、昔ながらのレコードやカセットテープを愛用する人もいたりして、自分なりの「こだわり」を持つことができます。
「こだわり」といえば「オリジナル作品」がありますが、自社製品の紹介などに「DVDのプレス」を活用する方法が注目されています。
DVDは、CDとサイズが同じくコンパクトサイズのため、資料に付けてもカサにならないことが大きなメリットです。
また、DVDをつくる方法として「コピー」もありますが、500枚以上つくる場合は「プレス」で行ったほうが1枚当たりの単価も安くなります。
なお、DVDをつくるためには、DVDに収録するための映像が必要ですが、制作会社が提供している「ビデオ制作サービス」を利用することもできます。
ほかにも、レーベル印刷やDVDオーサリングなど、DVDを完成させるためには、いろいろな工程が必要になりますので、詳細については制作会社への照会をお勧めします。