虫歯治療は早めに

最近の子どもは、虫歯になることが少ないそうです。
それは、虫歯が多い親世代がいろいろ苦労した経験から、毎日の歯磨きを家でしっかりと習慣付けたり、予防歯科が発達していたりしているからだそうです。
本当にいいことですよね。
歯は、皮膚のように、簡単に修正がききません。
一旦虫歯になると、治療をしたとしても元のようには戻りませんからね。
しかし、残念なことに虫歯になりやすい体質の人っていうのはいるそうです。例えば唾液が少ない人ですとか、寝るときに口を開けたまま寝るなど、虫歯になりやすい口腔環境というものがあるそうです。
もし虫歯になった場合は、できるだけ早く治療にいきましょう。
そうでないと、虫歯はどんどん悪化していきます。
特に、子供の場合は歯が永久歯に生え変わった時というのが抵抗力がなく、虫歯になりやすいそうです。
前の歯は見えるので分かりやすいのですが、奥のほうの歯は今までなかったところに突然歯が生えてきます。
しっかり親が見てあげないと、子ども自身が気づいていないまま歯が生えてきていて、気づいたときは虫歯になっていたなんてこともあるそうですよ。
そんなことにならないように、定期的にケアにも行きましょう。