初めての歯科検診

今は小学生になる、息子のお話です。
現在は定期的に学校で行われている歯科検診と、それに加えて歯医者さんに連れて行き、歯の状態を詳しく診てもらっています。
虫歯があるわけでもないのに異常に歯医者を嫌がる息子ですが、初めての歯科検診を思い出すと、それはまぁ大変でした。
何歳の時だったでしょうか。
1歳半か、それとも3歳だったか忘れてしまいましたが、地域のセンターで行われている集団健康診断ってありますよね。
まずは聞き取り、身長と体重測定、内科検診、栄養のお話など、決められた順番通りにその検診をしなければいけないのですが、その中に歯科検診もあります。
あぁ、歯科検診があるのね!と私も少しドキドキしましたが、息子は案外けろっとしていました。
なぜなら、もちろん初めての歯科検診なわけだし、まだまだ小さい子どもなので何も分からないですもんね。
大人でも歯医者さん嫌いは多いのに(笑)。
さて、息子もいよいよ歯科検診の椅子に座って順番を待ちます。
すると中から歯科検診中の子どもさんの大きな泣き声が…。
やっぱり怖いよね~、あの独特の椅子に座らされ、訳の分からぬ器具?みたいなのを口に入れられるんだもん。
あ~、こりゃ絶対息子も泣くわ…。
そう覚悟しましたが、意外にも泣きませんでした。
確かに初めての大きな椅子に緊張はしていましたが、大丈夫だったみたいです。
歯医者に連れて行く度にそんな数年前のことを思い出す、母なのでした。