1週間くらいの超短期留学でも効果はある!

既に社会人などで一般的な留学ができない場合は「短期留学」などをされる方もたくさんいらっしゃいます。
短期留学も最低でも1ヵ月くらいが基本になるようですが、最近は「超短期留学」として1週間程度というとても短い期間の留学も人気なんだそうです。
1週間なら海外旅行とさほど変わらないような気もしますが、1週間でも英語(外国語)漬けの生活環境に身を置くことはとても効果的のようです。
ただ、やはり超短期留学の場合は特に帰国後も毎日英語を勉強する環境がないと英語力の維持は難しいようです。
最近は留学も低年齢化(?)しているそうで、小中学生から親子で留学をしたり、高校から現地の学校に留学したりするスタイルもとても人気になっているそうです。
もちろんそれとは逆ではありますが社会人の留学もますます人気になっているそうで、外国語を学ぶことだけでなく特殊技能を身につけるためやビジネス目的での留学も増えているそうです。
これから日本人にはますます英語や外国語の能力が求められるようになる時代がくるそうです。
日本でも外国語を学ぼうと思えばいくらでもできると思いますが、まずは本人のやる気でいかようにもなるのかもしれませんね。