阿波踊りの有名連「悠久連」

徳島県阿波踊り協会に所属している「悠久連」はどんな連なのかホームページを見てみました。
「悠久連」は1975年(昭和50年)の創立で、連員は約100人です。
この“悠久”という意味は、世界平和が永遠に続いてほしいという意味で、ふるさとの踊りをいつまでも守り続けたいという願いが込められています。
「悠久連」のことが書いてあるサイトは、「とにかくテンポが速くて軽快」という文字が目につきます。
アップテンポなリズムにのって、体の真ん中を軸に左右に強くひねりながら踊るのが「悠久連」の“スピン踊り”です。
私も実際に見たことがあるのですが、女踊りの人たちが飛ぶように踊っていたと記憶しています。
最近はこの「スピン踊り」に魅せられて、女はっぴより女踊りの方を希望する人が多いそうです。
弓張提灯を自分の手のように自在に操作する男踊りや、洗練されて見た目にも華がある女はっぴ踊りも斬新です。
男踊りもまた飛び跳ねるように踊るのが特徴で、弓張提灯は胸の位置から頭の上まで自在に動かしながら踊ります。
女踊りはスキップでもしているかのように腰を弾ませて、元気よく踊ります。
速いテンポに合わせて重心はやや後ろに、手はひらひらと柔らかく、足は自転車をこいでいるかのように軽快にがポイントです。