ヒトラーの著作権

ヒトラーの著書「わが闘争」の著作権が切れたらしいですね

それでドイツの出版社が注釈入りのこの本を出版することになったんです

ドイツ国内でも禁書扱いになっていたこの本、でも予約殺到みたいですよ

既に1万5千人からの予約もあるみたいだし、今後隠れたミリオンセラーになったりしてw

しかし著作権が切れたという事は、それまでこの本が売れた時の印税があったという事ですよね

ヒトラー本人は生きていないし、親族でも残っていたのでしょうか?

だとすると世間からは相当バッシングされた来たはずですよね

ヒトラーもユダヤ人迫害を行わなかったらひょっとしたらナポレオンみたいに英雄的な存在だったかもしれない

だから今回の出版社も注釈を付けて販売するのかもしれません

今の世界はどちらかというと混とんとした時代、英雄が求められているのかもしれません

ましてイスラム国からの難民問題はヨーロッパでは大きな問題でしょう

本が売れる・・・ これって何かのあらわれかもしれませんね

熊本といったら馬刺しなんて一体誰が決めたのでしょう?

熊本、実は地鳥も美味しいんですよ!馬刺しと比べて値段も安いし、美味しいのは熊本の土地が育てているからでしょうね

私が仕事で熊本に行ったとき必ずといっていいほど寄るのが熊本居酒屋なんです

そんじょそこらの焼鳥屋さんとは全くの別次元!一度食べたら辞められませんよ